スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*:..。*:..。*:..。*:..。*:..。*:..。*:..。*:..。*:..。*:..。*:..。*:..。*:..。*:..。*:..。
イベントのお知らせ

画材のお勉強会(W&N)

ぽたかふぇ。さんで画材勉強会★

今月上旬に ぽたかふぇ。さんへ画材の勉強会へ行ってきました★
防備録がわりに書いておきます

勉強会で使ったのは
・ウィンザー&ニュートン/コットマン中目 水彩用紙
・ウィンザー&ニュートン アーティストウォーターカラー(24色?)
です。




画材勉強会(ウィンザー&ニュートン)

【ガムアラビック】
絵の具に混ぜると乾燥を遅らせて、描画時間を延ばすことが可能。
光沢と透明感が増すが、単体だと固い膜が出来てひび割れ・剥落の恐れあり。
必ず絵具と混ぜて使う事。

<むらひろ感想>
これって平たく言うと絵具から色の粉を抜いたもの(本当はもっと色々入っていますが、
大雑把に言うと)らしいです。
すぐ乾いて困っちゃうリキテックスの時間稼ぎも出来そうですね~。
でもつやっとするのが個人的には気になります。逆にうまい使い方を考えると素敵な絵になりそう。



画材勉強会(ウィンザー&ニュートン)

【アートマスキング液】
アートマスキング液を塗った部分を乾かしてから彩色。
その後固まった液をはがすと着彩されない下地が現れます。
使う筆は安いものや古い物など痛んでいい筆を。
消しゴムでこすると綺麗にはがせます。

<むらひろ感想>
私ねー、マスキング液は使わないって決めてたんです。
家に母からもらいうけたホルベインの水色のマスキング液があるんですが
使っている紙との相性が悪くて薄く紙がペリペリペリってはがれちゃうんです。
だからマスキング液ってみんなそういうもんだと思って敬遠してました。

が、ウィンザー&ニュートンさんは綺麗にはがれるんです!
ちょっと感動しました。
ちなみにはがす時ははがす方向と逆方向へ引っ張ると紙を傷めず綺麗にとれるらしーですよ 知らなかった~

黄色い部分は色がわかるようにはがしていないマスキング液の付いたところです。



画材勉強会(ウィンザー&ニュートン)

【カラーレス・アートマスキング液】
無色のマスキング液。
先ほどのは使用箇所がわかりやすいよう薄く黄色になっています。
にじみ止めの弱い紙や、吸いこみの良い紙など黄色のシミが残る恐れがある場合に使用。

<むらひろ感想>
紙によって使い分けができるんですね~。
うっかりしている私はきっとはがすところが分からなくなりそう・・・(笑



画材勉強会(ウィンザー&ニュートン)

【パーマネント・マスキングメディウム】
塗った部分が耐水性に代わり、水をはじきます。
単独での使用、または水彩絵具と混ぜ合わせると細部をくっきりと描写できます。
※完全に乾いてから塗ること
※はがせません

<むらひろ感想>
せっかちなので乾燥するまえに塗っちゃって浮き出ず・・・orz
リベンジで後日トライ!↓↓↓↓

画材勉強会(ウィンザー&ニュートン)

模様が浮き出ました!
ただ水で薄めないリキテックスリキッドをそのまま使うとはじかなかったので
水で薄めたものでないと駄目そうです。
今までマスキングを使わない方向で鍛え上げてきたレース模様ですが、
これ使うとより良いレースが描けそうな予感がしましたよ


画材勉強会(ウィンザー&ニュートン)

【イリデッセントメディウム】
水彩画に真珠のような光沢や輝きを与えます。
直接絵の具に混ぜたり、乾燥した画面の上に塗ることが出来ます。
ウィンザー&ニュートン社製の全ての水彩絵具と混ぜて使う事が出来ます。
位背景で透明水彩に混ぜると特に効果的。

<むらひろ感想>
すーごく綺麗!キラキラキラキラキラ・・・
ただ、印刷を考えた場合のイラストレーションには不向きですね(当たり前か)
原画の美しさを追求したい!という方や幻想的な絵を描きたい!という方にはもってこいじゃないかな
私にそんなテクがあれば使いたい…!(笑

ちなみにちなみに。
別途あげる「ターナー 画材勉強会」でも女性のハートを射止めたキラッキラ画材がありました~。
キラキラに女性は弱いですね(笑 私も大好き!


画材勉強会(ウィンザー&ニュートン)

【テクスチュアメディウム】
細かい粒子が含まれており、深みや質感を与えます。
砂浜や樹脂の形象描写に優れた効果が得られます。
直接紙に塗ることも、絵の具に混ぜて使用することもできます。
乾燥後、水で再び溶かすことが出来ますが、色や紙質によっては画面に残る場合があります。

<むらひろ感想>
(ドットの部分に使用しています)
触るとザラザラしてるし、色が薄い方がより分かりやすいかもしれませんね。
メディウムのざらざら粒子に絵具の色が吸着して濃くなる感じ。
使いこなせたら味わい深い絵が描けそう~。


画材勉強会(ウィンザー&ニュートン)

【グラニュレーションメディウム】
ウィンザーレッドやウィンザーブルーのように紙に沁みつきやすい絵の具に斑点や質感を与える為に使用します。
もともと粒状感のある絵具(ビリジャンやフレンチウルトラマリンetc)のような絵の具に用いると効果が強調されます。平面的になりがちな画面に変化と深みを与えます。

<むらひろ感想>
コットマン中目のでこぼこへ色が貯まる感じ。
より水彩紙の特徴を出しやすくなるのかも。色を選ぶのは私にはちょっとネックかな?



画材勉強会(ウィンザー&ニュートン)

【アクアパスト】
透明なジェル状のメディウム。
水彩絵の具に混ぜて使うと厚塗りの表現ができます。
パレットに適量のアクアパストを出し、絵の具と混ぜ合わせます。

<むらひろ感想>
透明…ではなくて若干硫黄のような色がついてます。
なので真っ青な色とかは若干緑がかった感じになります。
今回魚を描いてみましたがうろこの感じが面白く出せました^^
ただ厚くぬると乾燥に半日以上かかるのでうっかり触らないように注意!



以上で、勉強会は終了~。
その後の画材お試し会でリキテックスリキッドなるものがあるらしい、と聞いて試しました。

画材勉強会(ウィンザー&ニュートン)

さすがリキテックス。
赤が全く乾いても沈まない。綺麗だなぁ~
理想の赤を求めて色んな画材をまぜこぜやってきましたが、これが一番好きかもしれません。
あとリキテックス水に混ぜるのが若干面倒だったので、早々に注文しました。

画材勉強会(ウィンザー&ニュートン)

入れ物も可愛い~




勉強会の後は使ったものをみんなで分けました。
頂いたものはこちら★



ウィンザーニュートンの
・マスキングメディウム(ガラスボトル)
・アクアペースト(大きなチューブ)

ウィンザーニュートン アーティストウォーターカラー
・ウィンザーレッド
・プルシアンブルー
・ウィンザーブルー
・ライトレッド
・デイビーズグレー

会場でお試しさせてもらったローズマダーは薔薇から作っているので匂いをかぐとローズの香りが
そりゃーそんだけこだわって作っていれば高価なのも頷けます 改めて素敵なメーカーさんだと思いました…


頂いた画材を色々試してより良い絵が描けるようになりたいなと思います。
画材提供&教えて下さったバニーコルアートさん、そして企画して下さったことりゆうさん本当にありがとうございました!

あとお土産にリキテックスチューブ絵具のストラップも頂きました♪(ボールペン)
・ブライトアクアマリン
・ピアノブラック

基本色セットしか持っていないのでこんな可愛い色があるなんて知りませんでした~


■■ぽかかふぇ。さん■■

ぽたかふぇ。さん@高円寺

高円寺で噂のポタリーができるカフェ。
今回初めて♪

ぽたかふぇ。さん@高円寺

2種類のキッシュ美味しかった~。ごちそうさまでした

*:..。*:..。*:..。*:..。*:..。*:..。*:..。*:..。*:..。*:..。*:..。*:..。*:..。*:..。*:..。
イベントのお知らせ

theme : イラスト
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
プロフィール

むらもとちひろ

Author:むらもとちひろ




pixiv ID:1819518

むらもとちひろのなう!




水彩・リキテックスから描き出される色鮮やかな動物と植物の世界。
と、美味しそうな食べ物。
宜しくお願いします。
委託店はこちら




皇帝ペンギンのどーんってしたところが可愛い。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。